活動のお知らせ

これまでの活動

どうなった?スポーツ界のジェンダー平等

どうなった?スポーツ界のジェンダー平等 講師:内田 満さん 日時:2021年6月19日(土)13:45~15:45 会場:北九州生涯学習総合センター(小倉北区大門1丁目6-43) 【基本的感染症対策をしっかり行って開催します。】 TOKYO2020の開催が決まったのは、2013年9月。多くの人が期待に胸を膨らませたかもしれません。 あれから8年、旧態依然とした日本スポーツ界の様々な課題が表面化しました。桜宮高校事件、女子柔道暴力問題、相撲・レスリング・体操競技でのパワハラ疑惑、アメフトの悪質タックル・・。そして、女性理事をめぐる不適切発言。中央のスポーツ団体はこれに対応するため、スポーツ団体のガバナンスコードの制定や暴力根絶宣言などを行っていますが、現場での実効性には疑問が残ります。なぜなのでしょう? そんな折、2020年7月にだされた国際的NGO、HRW(ヒューマンライツウォッチ)という組織による日本スポーツにおける子どもの虐待についてのレポートは衝撃的でした。 今回は、こういった内容を踏まえながらスポーツ界の男女平等について考えてみたいと...
わたしたちのこと

個人の学び ・ 組織の学び

ワークショップの学びは、「問題を解決する力」「自分の価値観を自覚する力」「自分で選択する力」を養います。 また、 市民が 「思いをカタチにしていく」 には、<個人の学び>に加え、<組織の学び>が重要です。 GGPは「よい会議の進め方」「ファシリテーター養成講座」「コミュニケーションワークショップ」など、団体のマネジメントをエンパワメントするワークショップを実践しています。
タイトルとURLをコピーしました